SSブログ

車にアルミテープを貼ってみた(DIY) [くるま・原付]

クルマにアルミテープを貼る。それだけで、
静電気を除去することで、車の回りの空気の流れを整える。
その結果、燃費がよくなる等の効果があるらしい。
いまいち信じがたいが、アルミテープを貼るだけなので、やってみた。
DIYの極致(笑)。

トヨタ自動車が特許をとっているそうです。
貼り付けて効果があるとされる場所。
RuLFgzG.png


貼り付けたアルミテープは、こちら。
423202014045.jpg


3M 導電性アルミ箔テープ No.AL-50BT 25mm幅x3m

3M 導電性アルミ箔テープ No.AL-50BT 25mm幅x3m

  • 出版社/メーカー: スリーエム(3M)
  • メディア: Tools & Hardware



エンジンルーム(バンパー側とエアクリボックスの入口側の側面と中に)
4232020141755.jpg

バンパー下
4232020141824.jpg

フロントタイヤ前
4232020141839.jpg

ハンドル下
4232020141713.jpg

ピラーのカバーの中
4232020141732.jpg

リアドアの後ろ側に(後方への警告灯、カーテシーランプの代わりにもなる?)
423202014190.jpg

効果はいかに。

2000年代にトルマリンを付けると燃費が上がるとか、馬力が上がるとか
嘘のような話が流行したのと、なんだか似ていますね。
今から思うと、トルマリンが効果があったのではなく、アルミテープで巻き付けていたことで、
静電気除去されて、効果があったのかも?
当時は、マイナスイオンだと騒がれていたけれど。

(後日談)
燃費は若干良くなったような気がします。
特に長距離。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。